少ないモノで贅沢に暮らしたいのです。

捨てすぎない。節約しすぎない。モノを選ぶことで贅沢に暮らしたいのです。

【モノ選び】クイジナートのグラインダーで手作り出汁パック(いわゆるミルサー)

無添加のお出汁パック人気ですよね。

 

茅野舎とか。久世福商店とか。

とっても美味しくて大好きです。

 

今は市販でもたくさん種類が出てますが、それぞれ味が全然違うんですよね。

最近は、あごだし入りのものが人気のようですが。

美味しい出汁パックは毎日お味噌汁を飲む我が家では

ちょっとお高いのも、正直なところ。

 

いろいろ試すうちにだんだんと自分で作りたくなっちゃいました。

(お出汁パックのレシピはまた別の記事で)

 

で、購入したのがミルサー。(この製品名はグラインダーでした。)

うちではハンディブレンダーも活躍中のクイジナート。

デザインがシンプルで、モーターに馬力があるところが好きな

アメリカのメーカーです。フープロが有名ですよね。

f:id:mileux109:20170310154401j:plain

下はモータの入った土台部分。

上半分が取り外し可能なカップになっていて、ここに砕きたいものを入れます。

透明のカバーを被せて、カバーを上から押さえると粉砕スタート。

f:id:mileux109:20170310154318j:plain

コーヒー豆もひけるパワーがあるので、音は大きめでした。

夜中は厳しいかな。

物理的スイッチはなく、カバーを被せないと電源オンにならないので

誤ってスイッチを入れ粉砕物をばらまいたり。。とかは起きなさそうです。

 

ステンレス部分はヘアライン加工なので、マットな質感が美しく

汚れや傷が目立たなそう。

 

個人的にはもうちょっと小さくても良かったですが

ミキサーとは違い、使うときだけ出す調理家電なので

しまっちゃえばあまり気にはならないかな。

 

夫の楽天ポイントがたまっていたので、買ってもらいました。わーい。

ここが安かったです。↓

 

 

一つ前の機種ならさらに安いみたいですね。

 

ちなみに刃のついたキッチン家電っていろいろありますが

◆フープロ(ハンドブレンダー) 固体→細かく刻む→ペースト状

◆ミキサー 液体と固形→すり潰す→液体

◆ミルサー 固形→粉末

こんな感じでそれぞれ用途が違うようです。

乾いた固形物を粉砕できるのはミルサーだけなんですね。

 

細かくした出汁の粉は、そのまま料理に入れてしまうこともできるので

栄養もたっぷり、使い勝手もよく便利です。

自分で作れば素材も分量も選べ、無添加で作れますしね。

 

お出汁パックの作り方はまた別の記事でご紹介します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。