少ないモノで贅沢に暮らしたいのです。

捨てすぎない。節約しすぎない。モノを選ぶことで贅沢に暮らしたいのです。

カンクン篇①【メキシコ旅行】ホテル選びの基準は何ですか?

今回のメキシコ旅行。

まず最初の目的地はカンクン

世界一美しいビーチと言われるカリブ海を求めて。。。

うっふっふ。

 

 

一般的にカンクンと呼ばれるエリアは

内陸側のダウンタウンエリア

カリブ海に面して縦にまっすぐに伸びた半島の

ホテルゾーンエリアの二つに分けられます。

 

今回のカンクンはとにかくゆっくりするのが目的だったので

潔くホテルゾーンエリアにステイすることに。

我々にとってはちょっとお高かったんですけど。

せっかくなんでね。

 

このホテルゾーンエリアのある半島。

google mapの航空写真で見てるだけでちょっとゾクッとしちゃうほど

ビーチの色が美しいんです。

浜辺は真っ白く、海は空のような透きとおるブルー。f:id:mileux109:20170531184514p:plain

 

縦に細長ーーーーーく

(これ人工?というくらいまっすぐですが、これは自然の地形なんでしょうか?)

真ん中に大きな道がはしっていて、その東側に高級ホテルがズラリ。

もちろんそれぞれ目の前がプライベートビーチです。

だから大体もれなく全室オーシャンフロント。

 

日本人のリゾートの王様、ハ◯イのように、

「オーシャンビューゆうてたけども

あの奥に見える青いのが海やろか〜〜!!?」

なんて目を凝らす必要はまずありませんよ。

カンクンのホテルゾーンなら。多分。

 

ちなみに西側は、本島との間の海に面しており

画像でもわかるように、あまりきれいな海ではないためビーチ利用は皆無。

だいたい東側のホテル併設のゴルフ場になってたりします。

規模も広大。立地最高。さすがアメリカ人のリゾート地。合理的。

私はゴルフをしないので興味がありませんが相方はウズウズしていました

 

空港はその南西に位置し、ホテルゾーンの最北端カンクン岬まで

大体車で40分くらい。

北上するほどにホテルの高級度が増してくかんじ。

 

空港からは乗り合いタクシーに。

バンのような車に3組くらいが乗り合わせて

それぞれの宿泊ホテル前で降ろされていくのだけど

なにせ道がまっすぐだからあまり時間のロスは感じませんでした。

カンクン空港の目の前にはタクシー会社のカウンターがズラリで

アメリカドルも使えて不便なく。

 

カンクンは完全な観光地。

物価も日本とアメリカと同じくらい。

英語もそこそこ通じるし、アメリカドルも割と使えました。

 

 

さてさて。前置きが長くなりましたが。

わたし的、旅の醍醐味の一つであります

ホテル選び。

特にビーチリゾート地ではホテルの設備や立地で

その旅の満足度やイメージが左右されるといっても過言ではないですよね?

 

今回の旅はステイエリアをホテルゾーンに絞ったので

それぞれホテル間の距離も近く移動が楽ということで

今回のホテルは2つ選びました。

 

Grand Fiesta Americana Coral Beach 

グランド フィエスタ アメリカーナ コーラルビーチ

 

 

Le Blanc Spa Resort All Inclusive 

ル ブラン スパ リゾート オール インクルーシブ 

 

カンクンで調べるとよく出てくるホテルのうちの二つですが

雰囲気はけっこう対照的でした。

 

今回はグランド フィエスタ アメリカーナ(以下アメリカーナ)

について書いていこうと思います。

 

 

半島のちょうど北端にあるアメリカーナは

ビーチがカンクン岬の北側に面するため

波は穏やかなものの、どうしても海藻などが打ち寄せられやすく

カリブ海側に比べると透明度は少し物足りないかんじ。

それでも十分美しいんですけどね。

 

そのぶん、プールやホテル敷地がとても広くそちらを楽しむ人が多い様子。

波が穏やかで、プールも充実しているので子供連れの方には良さそう。

 

f:id:mileux109:20170603184226j:plain

ロビーはこんな感じ。あまりスタイリッシュな感じはないけれど

施設がとにかく大きい!

f:id:mileux109:20170603184232j:plain

ロビーからはプールが見え、その奥にプライベートビーチが。

 

ちなみにキューバやメキシコなど、このあたりのホテルは

オールインクルーシブのところが多いです。

オールインクルーシブとは、ホテル滞在中の飲食費がすべて

宿泊費に含まれているホテルです。

 

高級フレンチでフルコース料理を何周食べようが

ビーチでコロナじゃなくてシャンパンをオーダーしようが

部屋のミニバーのアルコールを飲み干しルームサービスをお願いしようが

プールバーでお隣さんにモヒートを「一杯どうぞ♡」なんてしようが

 

ホテル内施設であればすべてフリー

(含まれてるが正しいけども

 

お財布を出すこともルームナンバーを聞かれることもないのです。

これは実に楽チン。実に、合理的がお好きなアメリカ人向き。

ただしそれなりに宿泊費は高い。

比較的小食な日本人にとっては特に。。。笑

 

アメリカーナはオールインクルーシブにするかどうかは選択できるので

素泊まりなら3万円くらいからあります。

そのためかメキシコ国内からのリゾート客もちらほら

客層はカジュアルめで、ファミリーも多かったです。

 

日本からだと初日の到着が夜になることと、

滞在中1日はマヤ文明の遺跡やセノーテのツアーに外出したかったので

我々は前半はこちらの素泊まりを選びました。

f:id:mileux109:20170603184220j:plain

お部屋はこんな感じ。

手前にベッドがあり、階段を2段おりて広めのコーナーソファースペース。

そして奥にはビーチとプールが望めるテラスがありました。

 

ごく普通のお部屋(デラックスルーム)でも割と広めなので

ファミリーの旅行も快適そう。

 

そして眺めが良い!

f:id:mileux109:20170603184154j:plain

右奥の方にも別棟があり、その前にも同じようにプールがあります。

アーチが型に建つ宿泊棟の内側にプールがばーん。

f:id:mileux109:20170603184215j:plain

プールバーもあるけれど、プールは割と子供も多め。

f:id:mileux109:20170603184207j:plain

ビーチのソファベッドはグリーン。

タオルはピンク。

あまりおしゃれな感じはないけれど(2回目。笑)

カジュアルで明るいイメージです。

 

f:id:mileux109:20170603184201j:plain

見えますかね?

海藻や藁みたいなやつ(海によくあるあれ。なんなんですかね?)が

けっこうあります。

水の透明度は高いけど、総じて「まあまあ綺麗な海」

波は穏やかでした。

 

こちらには2泊。1日はプールでゆっくり楽しみ

もう1日は、セノーテとマヤ文明の遺跡

「チチェンイッツァ」のピラミッドを見に現地ツアーに出かけました。

 

次回セノーテツアーに続きます✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎